中高年の憩いの場提供するカラオケ店

カラオケ喫茶白バラ 三好進さん(69) 伏見民商

カラオケ喫茶白バラ 三好進さん(69) 伏見民商
カラオケ喫茶白バラ 三好進さん(69) 伏見民商

カラオケ店は大手チェーン店や個人のお店など、あちこちにありますが、自ら作詞・作曲し、プロ歌手に楽曲を提供している方は少ないのではないでしょうか。

音楽プロデューサーとしての顔も持つ三好さんにお話を聞きました。

お店の屋号の由来を尋ねると、奥さんがバラの花が好きで、赤いバラは情熱的過ぎるので、白バラは、清楚な中にきちんと主張するイメージが良いと思ってつけられたそうです。

 

 

この記事の続きを京商連News No.152で読む

京商連News No.152(2019年8月号、pdf版)


京商連News 152号 2019年8月7日号

ストップ!消費税10%・京都デモ

消費税 いま上げるべきではない 10月消費税10%ストップを!

 

増税の強行は許さない! ストップ!消費税10%・京都デモに50人

消費税廃止京都各界連

 

景況感が2期連続悪化という日銀短観が発表された7月1日、消費税廃止京都各界連絡会の呼びかけで「ストップ!消費税10%・京都デモ」が行われました。約50人が参加しました。街宣終了後、京都市役所前から四条河原町に向けてデモでは「消費税を10%に上げるな」「日本経済を守れ」「国民生活を守れ」「税金は大金持ちから取れ」「税金は大企業から取れ」「社会保障にもっと税金を使え」などと訴えながら歩きました。

(中商週報7月8日付より抜粋)

消費税増税反対怒りの大宣伝 PART2
消費税増税反対怒りの大宣伝 PART2

婦人部 怒りの消費税宣伝 女性パワーで消費税10%増税ストップ!

京婦協

 

7月5日、京婦協で、「消費税増税反対怒りの大宣伝 PART2」を四条烏丸で行いました。30人の仲間が集まり、お昼休みでにぎわう四条烏丸の四隅をスタンディングアピールしました。

「10月消費税10%ストップ」のプラカードを掲げ道行く人にアピールすると、車からも声援を受けたり、外国の方が「消費税増税ストップに賛成です!頑張って!」と手で大きなマルを表し賛同してくれました。「増税はまだストップできます。あきらめないで」「選挙に行って増税反対の意思を示そう」と声をかけました。足を止めて署名に応じてくれた方もいました。

諦めてる場合ではありません。まだまだこれから消費税増税を中止させる運動を広めていきましょう!

(北民商ニュース7月15日付より転載)

続きを読む

民商の最新ニュース

上京民商ニュース 2019年1月14日号

「民商に相談して良かった!」140万円納税義務消滅

 

「民商に相談して良かった!」140万円納税義務消滅

 

上京民商滋野支部のKさんは、以前飲食店をしていた時の消費税が140万円あまり払えていませんでした。

そもそも払いきれない消費税の滞納があった時に税務署に、借りていた店舗の保証金を差し押さえされ、その結果、家主との信頼関係が壊れて、やむなく廃業したいきさつがあります。そのとき税務署は保証金を滞納消費税分として没収しましたが、それでも140万円の滞納消費税が残りました。

 

《納税義務消滅求める》

 上京民商では「強引な差し押さえが廃業の原因、廃業後は年金などだけが収入であり、滞納税金の消滅を求めよう」とKさんを励まし、税務署に「税金消滅を求める請願書」の提出を行っていました。その結果、昨年12月に「納税義務消滅の通知」が届きました。

Kさんは「いつもの払えという通知書かと思ったら『消滅』の文字。ホッとした。一人で考えても解決できない問題だった。民商に相談して良かったし、同じような状態の人に自分の経験を伝えてほしい」と喜んでいます。

民商ならではの「納税緩和措置」の活用で憲法が保障する生存権を守る結果となりました。

続きを読む

上京民商ニュース 2018年12月24日号

消費税10%増税は絶対アカン!

お手製料理並ぶあったか班会

 

「久しぶりやね」と声があがり、中華屋さんからとった弁当と山内班長さんのお手製の料理が並ぶ、おなじみの仁和のお弁当班会。

食べながら、飲みながら、ソフトバンクの通話事故の話で盛り上がり。次に消費税増税は絶対あかんと次々と意見が。

山内さんは「10%増税はシャツもパンツも脱いで行けということや」「3%、5%、8%とこれまで消費税もらわんと、もうけを削ってやってきた」「46年間このおかきは690円で売ってるんや」「そやから10%は追いはぎが全部脱いでおいていけ、というようなもんや」と、絶え間なくしゃべり続け、「来年の選挙でアベ政権を倒して、消費税増税中止させなあかん」と、消費税増税への怒りがほとばしる班会でした。

続きを読む

上京民商ニュース 2018年12月17日号

もうけ優先より、住民の命と暮らし守ろう

民泊、防災から考える上京のまちづくり

 

12月2日、日本共産党北地区委員会とさこ祐仁府会議員、くらた共子市会議員の呼びかけで「京のど真ん中・上京の明日を考えるシンポ」が開かれ76人が参加しました。

区内に急増する「民泊」、地震や台風被害などへの不安の声が多数寄せられてきたことに応えて取り組んだもので、上京民商会員も仁和支部から越智副会長や民泊進出の体験をした会員さんなど、14人が参加しました。

 

《儲け優先の観光政策でいいのか》

民泊問題についてくらた市会議員は「儲け優先の観光政策、大企業が稼げる国づくりが京都を壊す」と告発。「住んでよし、訪れてよしの京都を取り戻そう」「そのために、住民生活と宿泊者の安全を守る『民泊』規制と宿泊客の総量規制が必要」と提案しました。

さこ府会議員は、「連続災害による被害が増大」「上京区でも一部損壊は二百棟超え」「昨年廃止された大宮消防出張所など防災に逆行する施策」と現状を報告。「くらしと地域丸ごとの支援が必要」「避難所も憲法25条実現の観点で見直しが必要」「クーラーのない学校・体育館が避難所でよいのか、耐震化も必要」「こうしたことにこそ予算をかけるべき」と提案しました。

続きを読む

上京民商ニュース 2018年12月10日号

社保協なんでも相談会開催

 

12月4日、上京民商も加盟する上京社会保障推進協議会で「なんでも相談会」を区役所4階で開催、5名の方が相談に訪れました。

「家族が長期入院して医療費が高額に。私は所得税かからないから、なんかもったいない感じがする」という相談者に、ほかの家族の方の医療費控除に使えますよ、と伝えると大変喜んでおられました。

「歳末駆け込み資金の申請はいつからですか」と来られた方とお話すると、高齢のご夫婦の二人暮らし、年金もわずか、その場で相談員と一緒に生活保護の申請に向かいました。

また、ご近所トラブルの相談で来られた方は、「近所の方に相談したら、『ここで相談したらいいよ』とビラをもらったんです」と、民商の会員さんから教えてもらったとのこと。人助けにつながっています。

続きを読む

上京民商ニュース 2018年12月3日号

市伝統産業課と懇談(西陣織問題対策協議会)
市伝統産業課と懇談(西陣織問題対策協議会)

西陣織問題対策協議会

市伝統産業課と懇談

 「西陣織の織機部品や消耗品の供給がむずかしくなるんでは」「いままで頼ってきたK機料品店が1年半後には廃業やと主人が言うてる」という相談から、上京民商も参加する西陣問題対策協議会は、11月26日、京都市伝統産業課との懇談を行いました。

市は伝統産業課課長や染織係長、主任が対応。西対協からは、上京民商室町支部の山本さん(賃織業)や村上事務局長など3団体8人が参加し、くらた市会議員が同席されました。

続きを読む

上京民商ニュース 2018年11月26日号

班長支部役員学習会
班長支部役員学習会

班長支部役員学習会

会員の要求、願いにこたえる班支部づくりを!

11月18日、上京民商班長・役員学習会を大原山荘にて行い5支部から12人が参加しました。人里離れ紅葉がきれいな中、じっくりと助け合いの民商づくりについて、『班支部活動の手引き』をもとに学びの場となりました。

毎月続けることで、「班会楽しいし、呼んでや」「苦労話もできる場になったなぁ」と会員さんが楽しみにする班会になってきたと、毎月班会を30年近く続けている仁和支部越智班長の経験談も聞いての討論です。

「うちの班でも年に何回か弁当をとっての班会が楽しいよ」と仁和支部松田班長からも発言がありました。

続きを読む

上京民商ニュース 2018年11月19日号

第5回「商いカフェ」
第5回「商いカフェ」

第5回「商いカフェ」開催!

消費者の心の動かし方 ーオリジナリティが必要

8日、「商いカフェ」を、滋野支部の会員「茶房五百番」さんを会場に行い、11人が参加しました。今回は、成逸支部会員の勝山さん(フットサル場経営)のお話でした。

《いろんなことをしてみて損はない》

高校卒業後、飲食店で働き「違うことがしたい」と、立体駐車場の設置や運営をする会社に入社。会社は業績が急上昇したが、競合する会社との関係で倒産。その時知り合った地主さんとの縁でフットサル場の経営を始めた。

続きを読む

上京民商ニュース 2018年11月12日号

上京民商第61回定期総会
上京民商第61回定期総会

上京民商第61回定期総会開催

励ましあい、助け合い、学びあう民商づくりを!

10月28日、上京民商第61回定期総会を区役所交流会議室で、代議員19名、評議員3名の出席で開催しました。

総会では、1年間の活動のまとめと今後の方針、間野会長、小野副会長・会計、越智副会長、村上事務局長の三役と6支部、婦人部、事務局から10名の理事を選出しました。

間野会長は、「来年の消費税10%はもってのほか、業者つぶしだ。署名、宣伝行動にどんどん打って出よう。困っている人を助ける民商に、みんなの力を合わせて世の中を変えていこう」と訴えました。

続きを読む

何でも相談会を開いています。

中小企業のなんでも相談センター

ご相談は一人で悩まずお近くの民商へ(お知らせハガキ)
仕事おこし署名=「府民のくらしを支える中小業者を支援して
京都経済再生をめざす要請署名」の推進に向けて
・全商連の[署名]のページ

京商連55回定期総会(2016年6月)

・京商連55回定期総会方針【総会提案】
・私たちの要求(京都版第55回総会)
・役員名簿(三役)