新着ニュース

北民商ニュース2018年4月9日号 No.431

リーフレット「消費税10%、複数税率・インボイス中止させよう」

消費税10% みんなの力でストップ!

2日、消費税廃止北区各界連で『4・1全国一斉宣伝』を北大路タウンで行いました。

29年前の4月1日、消費税が強行実施され、3%、5%、8%と増税されてきましたが、社会保障制度は切り捨てられる一方で、庶民の暮らしを圧迫しています。いくら増税しても社会保障の充実や、財政健全化にはつながりません。

「森友学園疑惑」を引き起こした安倍政権・財務省に増税を実施する資格はありません。

2019年10月からの消費税増税をストップさせれば、政府にとって3度目の増税断念となり、消費税に頼らない財源づくりに向かう道は開かれます。

「消費税10%、複数税率・インボイス中止させよう」のリーフレットで学習し、増税阻止の大運動を!

続きを読む

上京民商ニュース 2018年3月26日号

「民商は親切・安心!」仲間が増えてみんな笑顔

「確定申告相談にのって」「税務署でいろいろ書類をもらいましたが、どうすればいいのかわからない」15日に飲食業者が事務所に飛び込んできました。

「去年秋に開業したんです」「民商のビラ見たんです」と来られ、民商に入会してもらい相談、無事確定申告ができました。

続きを読む

北民商ニュース2018年3月26日号 No.430

4・8知事選・府民のための京都へ転換」

4月8日投票日の京都府知事選挙が22日、告示を迎えました。北民商が推薦した、府民を丸ごと全力応援する福山和人さんとともに、「夢・なりわい・未来・ひと 4つのつなぐ」で京都をかえましょう!

なりわいをつなぐ~企業と働く人をセットで応援し地域循環型経済をと、政策を打ち出しています。

中身は…一部の企業応援ではなく…

続きを読む

上京民商ニュース 2018年3月19日号

3・13重税反対北区・上京区統一行動

3月13日、全国一斉重税反対統一行動を上京民商・北民商や京建労北、上京支部など北上京区合同で8団体が集まり、集会やパレードを行いました。

続きを読む

北民商ニュース2018年3月19日号 No.429

3・13重税反対統一行動

北区上京区3・13重税反対統一行動を行いました。

決起集会では、冒頭弥吉会長のあいさつで「今年は大変、営業が苦しい確定申告になりました。私自身も売上げが40%もへり、先行き不安を感じながら参加しています。しかし、増税を中止させ、営業とくらしを守ろう、政治を変えようという願いもこの一年で大きく広がりました。

今がチャンスです。森友疑惑追及、知事選挙勝利、安倍を下ろして10%増税中止、と一人一人が声を上げ、元気と希望がもらえる集会としていきましょう。」と訴えました。

 

続きを読む

上京民商ニュース 2018年3月12日号

知事が変われば暮らしが変わる!

~4月8日投票・京都府知事選挙~

「収入の2割近くになる高すぎる国保」「知事が変われば安く出来る」「お店の修理に補助金だすなど中小業者、小売店を応援することになるんや」。

4月8日投票の京都府知事選挙に弁護士の福山和人さんが立候補されます。

上京民商は、中小業者応援の政治実現の絶好のチャンスと、福山さん応援を決めました。

知事が変われば暮らしが変わる、福山さんで暮らしやすい京都をつくりましょう!知事選挙は3月22日に始まります。福山さんへの支持を広げに広げましょう!

続きを読む

北民商ニュース2018年3月12日号 No.428

税金のことは民商に相談!

民商春の運動も最終盤となりました。

この2ヶ月間で、宣伝ビラ25000枚配布、会員5人、商工新聞読者29人、共済会8人、婦人部2人の仲間をふやし、署名は『府民みんなのいのちを守る請願署名』を289人分、京都府へ請願しました。

3月に入っても会員さんが親戚の建設業者の方を税金相談会に連れてこられ、入会していただきました。

自主計算会では、「売上が4割減った。税金は心配ないが今後の生活が不安。」「消費税の8%負担がしんどい。預かってもいないのに払わなければならない」「基礎控除が38万円なんて低すぎる!」など、切実な実態や憤りが出されています。

確定申告の期限はせまっていますが、まだ税金で困っている業者の人は数多くいます。

お知り合いの業者に「税金は民商に相談」と一声かけましょう。

続きを読む

北民商ニュース2018年2月26日号 No.427

上京税務署と税務行政について交渉(3・13重税反対北上実行委員会)

上京税務署と税務行政について交渉

2月16日、3・13重税反対北上実行委員会として上京税務署に申し入れをしました。

冒頭「佐川国税長官は直ちに辞任すること」については「回答できない。そういう声があったことは伝える」と言うにとどまりました。

申告書へのマイナンバー未記載については、「これまで通り受取拒否はしない。そのことを理由にした税務調査や不利益扱いはしない」と明言。

続きを読む

上京民商ニュース 2018年2月26日号

マイナンバー「書いてなくても」「収支内訳書もなくても」

~申告は受け付けますと明言!~

上京民商間野会長や村上事務局長、福田事務局員も参加した、上北重税反対実行委員会の税務署申し入れ、北上の各団体から12人が参加しました。

上京税務署土田総務課長は「憲法・税法を守って、納税者の自主申告を尊重する」マイナンバーの記載や収支内訳書の添付がないことを理由に確定申告書を受け付けないことはしない。記載、添付がなくても申告書は有効である旨、回答しました。

納税者の権利は、集団行動で「法律通り強制しない」ことが実現します。3月13日重税反対全国統一行動で、いっしょに「自主申告」を貫きましょう!

続きを読む

北民商ニュース2018年2月19日号 No.426

北区民主府政の会で宣伝行動

京都経済底上げの知事を

 4月8日投票の府知事選挙に、弁護士の福山和人氏が立候補を表明しました。

北民商 弥吉会長12日、北区民主府政の会で宣伝行動を行い、北民商弥吉会長が訴えました。

「今、自営業者の多くは、売上減で、バイトに出てしのいで営業を続けている状況。私も、表具屋は年末が忙しく、その蓄えで何とか生活しているが、仕事を始めて50年、初めて暇な年末で、どうしようかと悩んでいる。

多くの業者が廃業し、北区で8年間に630軒の事業所が減少。その大きな原因は消費税。お客からもらってなくても、赤字でも、身銭を切って払わなければならない営業破壊税。貧困が広がり、働く人の給料や売上も年金も減ったのに、支出は増えて生活が厳しい。

今消費税10%増税反対をはっきり国に言い、家計をあたためる知事必要。仕事とお金を地域でまわす仕組みをつくり、住宅リフォーム助成、商店リニューアル助成制度などで、元気な地域経済を取り戻したい。昔、蜷川さんは、民商総会に来られ、「困ったことがあったら、いつでも知事室においで」と激励してくれた。中小業者府民の暮らしに寄り添う、そんな温かい知事を誕生させましょう。」

続きを読む