北民商ニュース 2015年8月24日号 No.314

払える国保料にしてほしい

飲食店の会員さんより、「国保料が高くて困っている。医療費もかかり、国保が払いきれない」と相談が寄せられました。

区役所へ減免申請に行き、3万5千円から1万9千円に引き下がり、すでに払っている国保料と相殺され、還付されることになりました。

また、サービス業の会員さんは、減免申請で2割減免となり、さらに家族が社会保険加入で、国保料が引き下がりました。「払える金額になり助かった」と、大変喜ばれました。

市の保険料は、まだまだ高い水準です。昨年、京都市で国保料が払いきれず、短期保険証1万2806世帯、資格証明書が4664世帯に発行されました。国保は社会保障制度です。払いたくても払えない、高すぎる国保料ではなく、誰もが安心して医療にかかれるよう、国保行政の改善を求めましょう。

京都平和のための戦争展

平和のための京都の戦争展が、立命館大学平和ミュージアムにて開催され、8月8日、婦人部で見学会をしました。

当時の兵隊服やサーベル、水筒、配達されなかった8月15日付けの「赤紙」など実物を見ると、私たち一般市民が、戦争に巻き込まれていった事実が身近に感じられ、恐ろしくなりました。

また、戦死された方が戦地に持っていった寄せ書きの日章旗がアメリカから返還され、今回展示されました。

説明をして下さった遺族会の方より、「戦後70年、戦争体験者がどんどん年を取っていく中で、戦争の悲惨さを伝えていく人がいなくなっていく。こういう展示を通して、戦争のむごさを知ってもらいたい」と、話されました。

見学に来ていた子どもたちも、熱心にボランティアの方の話を聞き、メモを取っている様子もみられました。

参加者から、「戦争展をじっくり見たことがなかった。子どもにも教えたいし、戦争法案のことも考えてもらいたい」と、感想が寄せられました。

 

緊急府民大集会

戦争法案は廃案に! 安倍政権は退陣に! 憲法学者の小林節さんもお話されます。集会後はパレードを行います。

◇日時:8月29日(土)昼2時より

◇会場:円山野外音楽堂

◇主催:京都弁護士会

 

第27回記帳相談会

税金やくらしを守る上で記帳は大切です。初めての方もお気軽にご参加下さい。会場は、北民商2階です。

◇日時:①8月26日(水)昼1:30~ ②8月27日(木)夜7:00~

◇持ち物:伝票、領収書、普段つけている帳簿、電卓、筆記用具

 

マイナンバー制度学習会

今年10月より、赤ちゃんからお年寄りまで、すべての人に12桁の番号が通知されます。マイナンバーは、税の取立てを徹底させ、国民監視を強め、大企業の儲け口にするためにつくられました。「マイナンバー制度」の本当の狙いについて学習しましょう。

◇日時:8月31日(月)午後7時30分より

◇会場:北民商2階

 

パソコン教室のご案内

以前から要望がありましたパソコン教室を、初歩の初歩として、ワードの使い方を練習します。参加される方は、ノートパソコンをご持参下さい。

◇日時:9月8日(火)夜7時から

◇会場:北民商2階

 

商売と人生を語る会のご案内

第一回目は、鳳徳支部の藤原さんです。開業して12年、国産小麦と塩と天然酵母の安全なパンづくりにこだわってきました。食の安全にこだわることで、政治の世界が見えてきたと語る藤原さんの商売・人生・パンへの思いなどお聞きし、みんなで交流しましょう。

◇日時:9月18日(金)夜7時より

◇会場:北民商2階

 

行事案内

  • 26日(水)昼1:30~記帳講習会
  • 27日(木)夜7:00~記帳講習会
  • 28日(金)昼1:00~税金くらし相談会
  • 29日(土)昼11:00~署名宣伝行動
    ※24・25日は事務局員交流会のため、事務所を休業致します。ご容赦下さい。

 

☆商工新聞…今週の読み得☆

  • 1面:「戦後70年原点から考える」安斎育郎教授に聞く
  • 2面:「税務調査で是認」自主記帳と民商の学習を力に
  • 4面:「女性の力で平和な世界を」日本母親大会
  • 4・7面「原水爆禁止世界大会」原爆の悲惨さ伝えよう
  • 7面:「視点」中国脅威論の本質、戦争法案成立めざす戦術

 

東日本大震災支援のお願い

8月11日、九州電力が川内原発1号機を再稼働させました。原子力規制委員会の審査もずさんで、東京電力福島第一原発事故の教訓も生かされず、避難計画は審査対象外に。賠償問題や復興など課題が多い中での強行再稼働は、到底許されるものではありません。

引き続き、北民商として心を寄せた支援をしていきたいと思います。よろしくお願いします