上京民商ニュース 2015年11月9日号

上京民商総会(10月25日)
上京民商総会(10月25日)

上京民商総会成功

12支部から25人の代議員が集う

 

上京民商第58回総会上京民商第58回総会が、10月25日、鴨沂会館で開催され25人の参加で成功しました。

総会では1年間の活動のまとめと今後の方針、会長、副会長、会計、事務局長の5人の三役と7つの支部から13人の理事を選出しました。

民商会員でよかった

総会討論では「民商の健診でガンが見つかり治療した」と何人もの人から発言が。また相続の相談で、民商無料法律相談会で世話になった「民商に入っていてよかった」と出されました。

 

マイナンバーで暮らしはどうなるの

続く議論はマイナンバー制度で暮らしがどうなるかも質問続出。11月に送られてくることもあり、マイナンバーでの不安が広がっていることがわかりました。

 

民商の魅力は仲間がいること

納税分割を認めさせた体験も報告されました。

民商は、集まって話し合い、励ましあって商売続けようと団結しているのが力、会員どうし集まる機会をもっと増やそうと呼びかけられ、総会を終えました。

来春、270人会員400人読者に「仲間を増やして地域の中小業者の1割の会員15%の読者実現を早期に目指すこと、来春3月末には270人の会員、400人の読者を実現突破すること」とした方針案が決定されました。なお来賓には、国府京商連副会長、北上京地区労働組合協議会松下副議長、さこ府会議員、くらた市会議員にお越しいただき、メッセージは、北民主商工会、山科民主商工会から頂きました。ありがとうございました。

 

代議員懇親会はフランス料理

総会後は河原町通の会員のフランス料理店で初めての懇親会、「おいしい、おいしい」と食事をしながら楽しい時間を過ごしました。

消費税廃止上京区連絡会の定例宣伝
消費税廃止上京区連絡会の定例宣伝

中学生も消費税増税は困る!

 

老いも若きも増税困る上京民商も参加する消費税廃止上京区連絡会の定例宣伝を、10月19日、中立売通り知恵光院東入ルスーパー前でおこないました。30分の短時間行動でしたが、9筆の増税反対の署名が集まりました。

 

老いも若きも増税困る

署名板を持って市民に声を掛けました。その声に中学生が、「10%は絶対困る」と言って署名をしてくれたり、高齢者が手押し車を止めて署名したりと市民との対話が広がりました。消費税8%増税がされ、増税不況にさらされる市民ががまんできないという気分が感じられました。

 

民商健康診断、今すぐ予約を!

 

民商健診ご希望の方は、今すぐ上京民商事務所に電話して予約をしましょう。ピロリ菌検査や前立腺検査などオプションでの検査が可能です。この秋、身体の定期点検です。健診は千本寺の内上京診療所で行います。

総会の秋、3支部開催 室町、成逸、出水で支部総会

 

出水支部総会参加の皆さん秋の総会シーズン、室町、出水、成逸の3支部が支部総会を行いました。ひさしぶりに顔を合わす人もあり、「どうしてる」と話が弾みます。同じ学区の住民として「近くにゲストハウスが」「グループホームの説明会もある」など町の変容がくっきりと。子どもの自立、老親介護など苦労話も出され、会員どうし交流が深まる集まりとなりました。11月には仁和支部も開催予定です。

それぞれの支部総会では、今後の支部活動のお世話をいただく支部長さんを選出しました。

室町支部は植山隣三さん(賃織業)、成逸支部は徳岡秋男さん(自動車板金業)となりました。

出水支部は、支部長が不在ですが、共済会に七里さん、婦人部に冨永さん、本部理事に田邉さん、井上さんにお世話いただくことを確認しました。皆さんお世話になります。

 

個人カードは作らんとこ! マイナンバー班会

 

室町支部は、マイナンバー学習班会を開き会員4人と事務局員で学習し話合いました。

「息子が会社からマイナンバーの届けを言われてる」とすでに動き出したことが出されました。

「マイナンバーが誰に、どう使われたのか知る方法はないのか?」と個人情報の行方が心配の声も上りました。国民にメリットなし、国民監視の番号制度は無いほうがいいと盛り上がり、11月に届く通知カードは受け取るとしても、個人番号カードは作らないでおこうと、皆さん一致しました。