北民商ニュース 2015年11月9日号 No.324

転嫁対策より増税ストップ!


先月より、税務署を通して、公正取引委員会より「消費税の転嫁拒否等に関する調査」が送付されています。

「必ず出さないといけないのか」「税務署から届いたし、書くことで何か不利益はないか」と、民商に問い合わせが相次いでいます。

昨年消費税増税後に始まった調査で、回答は強制ではなく任意です。

公正取引委員会と中小企業庁が、取引先から増税分の値引き強要や買い叩きなどがないか調査・指導をするものです。

困っている事業者の相談にのることは当然ですが、取引先を密告するかのようで、問題があります。取締り強化ではなく、増税ストップ、5%に戻すしか、この問題を解決する道はありません。


危険な病気のサインとは

1日、京商連共済会いのちと健康を守る学習会が開催され、北民商から9名が参加しました。

上京診療所の草野先生から、「知っているようで知らない病気の話」と題し、7つの症例をクイズ形式でわかりやすくお話をして下さいました。

大動脈瘤破裂、急性喉頭蓋炎、小脳梗塞など、おそろしい病名だらけでした。どの病状も急の判断を要し、それぞれの特徴と原因がよくわかりました。重病にならないための予防と、やはり早期発見が大事であると感じました。


消費税廃止北区連絡会の宣伝行動
消費税廃止北区連絡会の宣伝行動

最大の景気対策は増税中止

 

消費税廃止北区連絡会の宣伝行動、西賀茂生協前で10月の消費税廃止北区連絡会の宣伝行動は、西賀茂生協前で行いました。

「安倍政権は、戦争法を強行し、私たちのくらしや地域経済はそっちのけで消費税を増税し、軍事費を益々増やそうとしています。給料は上がらず、年金は削減、物価は高騰。最大の景気対策は消費税増税中止です」と、訴えました。

夕方の日が暮れだした中にもかかわらず、買物に来られた方が次々と署名に応じてくれました。

「買物のたびに消費税の負担が痛い。10%になったら絶対、景気悪いよね」と、女性が自転車を止めて署名してくれました。やはり、継続した宣伝が大事です。

 

第4回パソコン教室のお知らせ

大好評のパソコン教室を左記の日程で開催します。4回目はワードを使い、案内チラシづくりなどを計画しています。

◇日時…11月19日(木)夜7時から
◇会場…北民商2階
◇持ち物…ノートパソコン(できれば)、筆記用具

 

第30回記帳相談会

商売やくらしを守るうえで、記帳は大切です。初めての方も、お気軽にご参加下さい。会場は、北民商2階です。

◇日時:①11月24日(火)夜7:00~ ②11月25日(水)昼1:30~
◇持ち物:伝票、領収書、普段つけている帳簿、電卓、筆記用具

 

共済会秋の歩こう会のお知らせ

共済会恒例の秋の歩こう会、今回は伏見稲荷大社周辺に行きます。ぜひ班・支部の仲間、ご家族こぞってご参加ください。

◇日時…11月29日(日)午前10時集合
◇集合場所…京阪「出町柳」駅前
◇行程…京阪「深草」下車→伏見稲荷大社→石峰寺(五百羅漢像)→藤森神社→京阪「墨染」駅解散(予定)
※小雨決行
※申し込みは、支部の役員さん、事務局迄
※お弁当(600円)が必要な方は、申し込み時に連絡下さい。

 

行事案内

9日(月)昼12:30~各界連事務局会議

11日(水)夜7:30~常任理事会

13日(金)夜7:00~京都中小企業九条の会、秋の講演会・岡田知弘教授

15日(日)朝8:00~共済会いのちと健康を守る交流会バスツアー in 舞鶴

17日(火)夜7:00~社保協事務局会議

 

☆商工新聞…今週の読み得☆

1面…「軽減税率導入でなく消費税率引き下げを」

1・3面…「マイナンバー記載なくても不利益ない」省庁交渉

5面…「全会員参加の運動広げて」商工新聞の役割に確信

7面…「国が辺野古新基地工事強行」県民の怒り渦巻く

8面…「なるほど経済」『新3本の矢』の思惑とは
   「食べもの記」最終回は『元気な福島、酒と米』

 

東日本大震災支援のお願い

「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟団は、福島県に対し、国・東電が主張する、賠償打ち切りの根拠「年間20ミリシーベルト以下は被害と扱わない」を、受け入れないよう要請しています。結局、国の方針の中で賠償も支援も切捨てられている実態に対し、県として、被害の早期解決の立場で、被害者に寄り添って国に対し立ち向かうべきだと、強く要望しました。

引き続き、北民商として被災者の方に心を寄せた活動をしていきます。ご支援よろしくお願い致します。