上京民商ニュース 2015年11月30日号

通知カードは保管しとこ!個人番号カードは申請しない

個人情報漏えいの危険高まる「カード」申請

マイナンバーカードが届きだしました。日本郵便が1年間に取り扱う書留郵便の三分の一にあたる数量が今回の番号通知書留だそうです。混乱や遅れも起こることもやむをえないことです。あらためて対応を考えます。

「番号がいくつか書いてあり、どれが個人番号かわからへん」と困っている人も多くいます。ややこしいものには手を出したくないですね。通知カードの一番上の数字があなたの個人番号12桁です。


通知カードは保管を

通知番号は「大事に保管」「個人番号カード」は申し込みしないのが賢明か?

通知カードを受け取り拒否したほうがいいですかと、問い合わせもあります。国はすでに全国民に12桁の個人番号を割り振り、今回の通知となっています。受け取り拒否は国にとっては「痛くもかゆくもありません」。受け取り大事に保管をしておきましょう。


個人番号カードは申請しない選択も

同封されている「個人番号カード」交付申請書は、「申し込まない」という選択があります。個人番号カードはICチップという電子記録装置のついた免許証のようなものです。カードを作ることで、持ち歩き紛失するリスクが高まります。作らないことは問題あるマイナンバー制度の形骸化に力になるのでは思われます。個人番号カードが無くても、行政手続きが行えることを各行政機関も回答しています。


マイナンバー対応学習会を12月10日に

上京民商では、マイナンバー制度の番号通知カードが届いた中で、あらためて対応や今後の動きについて学習会を行います。年末調整の計算実務もあわせて行います。専従者や従業員のいる事業所は、ぜひ、ご参加ください。

とき:12月10日(木)午後7時~8時30分
ところ:上京民商事務所
経理センター事務局が説明予定

 

婦人のマイナンバー学習会

京商連婦人部協議会もマイナンバー学習会を行います。

とき:12月12日(土曜日)
ところ:京都府中小企業会館708会議室
おはなし:京商連池田事務局長

仁和支部総会参加の皆さん
仁和支部総会参加の皆さん

仁和支部の総会開く


仁和支部総会の皆さん久しぶりの支部総会、集めればみんな元気です。仁和支部は、数年ぶりに支部総会を行いました。

会場は学区内の料理屋さん、集まった面々は、民商歴57年で今も班お世話役をしていただいている大長老から昨年暮れに入会した青年業者まで12人の多彩な人たち。支部長の挨拶や活動報告、会計を報告を受けて、それぞれの仕事や近況、民商会員でよかったと思える支部作りをと語り合いました。

 

支部三役として、支部長が越智さん(着物レンタル・装飾業)、副支部長が水野さん(生花小売業)、副支部長・会計に松田さん(西陣紋彫業)が推薦され、皆さんの承認を受けました。

報告を受け、議案の承認後、おいしい料理をいただきながら民商会員としての長年の活動の思い出話に花が咲きました。

なお総会にはさこ府会議員、くらた市会議員が来賓としてお越しいただきました。


人助けのビラを届ける
人助けのビラを届ける

人助け、民商の宣伝行動

 

「人助けのビラ」を届ける宣伝行動参加の役員さん上京民商では11月21日、「人助けのビラ」を届けようと、マイナンバーの対応についてのビラや商工新聞号外を届ける活動を行いました。

朝10時、集まった芦原会長、小野副会長、越智副会長、松田理事、2人の事務局員が手分けをして、ビラを折り、商店街や地域に配布。850枚のビラや号外を届け、20件近くの商店や知人と対話になりました。

 

マイナンバーは皆の関心事です

どこでも「おおきに、ご苦労さん」「読んどくわ」といい反応です。人助けの活動が実感できます。その対話の中で、元会員さんの店で息子さんが商売を引き継いでいることがわかったり、元読者さんが勤めているお店があったりなどなど、地域の様子がわかりました。

越智さん松田さんの組は住まいする仁和地域を担当、道行く知人に「あんたとこ、来たか番号」とたずねたり、「介護費用が上って大変」と相談になったり、こんな制度の押し付けは黙ってられへんと意気投合したりと、さまざまな反応がありました。

 

喫茶店で反省会、新聞勧め購読に!

民商近所の喫茶店で反省会、喫茶店主と奥さんも交え、マイナンバーの対応に盛り上がりました。そして、ぜひ商売に役立つ商工新聞をお読みくださいと勧めて、購読いただきました。

この日は、小野副会長さんの知人とこの喫茶店とお二人が商工新聞新規購読となりました。

この日までに待賢支部でもビラ配りをしています。あと1,000枚が未配布です。支部ごとにビラをお届けします。引き続き人助けのビラ配りご協力ください。

 

平和の鐘をつく会

12月8日は、時の政府が太平洋戦争を始めた日です。なくなられた方々のご冥福を祈り、世界と日本の平和を願って、平和の鐘をつく集いが行われます。仁和学区の立本寺内の大輪院、乾隆学区の本久寺、両寺院の鐘をつかせて頂きます。ぜひ、ご参加ください。 (平和の鐘をつく会主催)

とき:12月8日(火曜)
会場と時間:大輪院様の半鐘(七本松仁和寺街道上ル立本寺内)午前10時30分~
      本久寺様の梵鐘(上立売通千本東入ル)午後12時半~

 

マルシェ3月26日27日開催きまる

洛中来年3月に、手仕事を行う方々の作品即売展を行います。今回のイベント名は洛中マルシェと名づけ売り出すことにいたしました。出店者募集中です。ぜひご参加ください。

会場は西陣織会館、出展料は1日3,500円です。


もみじまつりに参加の会員有志の皆さん
もみじまつりに参加の会員有志の皆さん

もみじまつりで模擬店繁盛

 

もみじまつりに参加の皆さん日本共産党北上後援会の「もみじまつり」が22日開かれました。上京民商にも協力の呼びかけがあり、業者後援会の12人の有志の会員でうどん模擬店を出店し、秋の一日、楽しんできました。

写真は、もみじまつりに参加の会員有志の皆さん。