上京民商ニュース 2016年2月15日号

一人で悩まず民商へと声かけましょう!

民商税金無料相談会

日時:2月20日(土)1時~3時

場所:上京区役所4階和室

確定申告、消費税の申告、頭が痛い季節です。民商のお助け無料相談会を行います。一人で悩まず民商へと友人知人にお誘いください。会員の皆さんは、班や支部の集まりでじっくり相談で準備を進めます。

確定申告準備で班会や支部の集まりが計画され進んでいます。

会員の皆さんは班や支部でじっくり相談、納得の行く自主申告を行いましょう。

 

上京区内の民商が対象とする中小業者は約3600軒(2012年現在)困っていない業者はいません。民商ではこうした区内中小業者を対象に税金・暮らしの何でも相談会を行います。会員の皆さんもその豊富な人生経験を生かして、相談スタッフとしてご協力ください。協力できる方は事務局までご連絡ください。会場は区役所4階和室です。2月20日土曜日午後1時から3時の2時間行います。

税金は民商が安心と仲間が増える

「税金申告が心配」「帳面のこと教えて」。確定申告時期を迎え、税金、記帳の相談事から、会員、仲間が増えています。


パソコン記帳教えて

Oさんは、昨年8月開業、河原町で飲食店を始めました。お母さんが記帳を担当するものの、わからないことも多くと相談があり、「民商のパソコン記帳ソフトも知人が使っている、民商さんは安心親切」と、会に入会されました。

初めての申告、民商なら安心

室町支部会員の息子さんであるKさんも、昨年独立開業です。今回が初申告、税金申告の相談にのってほしいと民商に入会されました。なんと彼の仕事は「映画配給」とのことでした。

今、若手の事業者が、事業にチャレンジしています。民商として、新規開業者支援も強めていきたいと思います。3月には商売を語り合う「あきないカフェ」も計画検討中です。乞うご期待!

市民要求実現さらに運動を

京都市長選挙でのご支援ありがとうございました。選挙の結果は、報道の通り、残念な結果となりましたが、戦争法廃止の願い、消費税増税への怒り、経済暮らしへの不安と民主市政への期待が広がる実感がありました。現職陣営が「国政と市政はちがう」とダンマリを決め込み、組織締め付け選挙に終始する中で、過去4番目の低投票率でありました。

上京区では、二条城お堀端に観光バス駐車場を作る計画への批判、小学校跡地活用への住民の願い、西陣織再生への要求などから、本田氏への期待が広がました。

引きつづき中小業者と市民の苦難の現状は変わりません。全国の仲間の皆さんと連帯し中小業者の要求実現、要求での共同を広げていきたいと思います。

民商の拡大強化も、今年、大阪での全商連総会に向けて、さらに頑張りましょう。


洛中マルシェ、3月26~27日に開催

3月26~27日に、手仕事を行う方々の作品即売展を行います。今回のイベント名は洛中マルシェと名づけ売り出すことにいたしました。出店者募集中です。ぜひご参加ください。

会場は西陣織会館、出展料は1日3,500円です。