美山町の工務店―〝気に入ってもらえる家をつくりたい〟

建築工房ともと 戸本宏樹さん(44)
建築工房ともと 戸本宏樹さん(44)

建築工房ともと 戸本宏樹さん(44) 船井北桑田民商

 

子どもの頃、「古い自宅を自分で直したい」と思ったのが大工への道の始まりでした。高校生の時には中学時代の先生の紹介で、地元・美山町の工務店でアルバイトを始め、その後、本格的に修行をして33歳で独立しました。
「〝大工さんになる〟という思いから始まって少しずつ夢が現実に近づき、自宅を建てた時は自分の夢が叶ったと思った」という戸本さん。
「今は一人でやっていますが、地元の工務店として知ってもらい、仕事を続けていきたい」と言います。

 

この記事の続きを京商連News No.114で読む