上京民商ニュース 2016年7月18日号

刺激、知恵いっぱい!商いカフェ

日時:7月29日(金)午後7時~
場所:喫茶シャトレー(七本松今出川下る西側)

 

7月29日に行なわれる上京民商「商いカフェ」のメインゲスト金襴法衣の販売や町家写真スタジオを経営する石井社長のお話、事業の様子をすこしだけ紹介します。ぜひ、29日聞きに来てくださいね。

ドラマ出演した熊の人形と石井社長
ドラマ出演した熊の人形と石井社長

本業の法衣と袈裟の製造と販売を行ないながら、昨年から金閣寺近くで「京都 和風のレンタルフォトスタジオ マチルテ」を経営している、有限会社「蓮祥」の石井社長が今回の商いカフェのメインゲストです。

法衣店が営むレンタル・フォトスタジオ

有限会社 蓮祥は、法衣と袈裟の製造販売を手がけて18年。全国のお寺さんやお坊さん、海外のお寺さんや一般の顧客ありと、さまざまなお仕事ぶりの面白い会社です。

時にはドラマ撮影の小道具の提供などもテレビ局から依頼されるそうです。

最近では山下智久主演のテレビドラマ「5時から9時まで 私に恋したお坊さん」に袈裟や熊のお人形を提供しました。提供した熊のお人形が、ドラマの背景に写しだされ、視聴者から人形の引き合いがあり売れ出すということもありました。現在もぼちぼち売れているそうです。

昨年5月から「京都 和風のレンタルフォトスタジオ マチルテ」をオープン、スタジオを始めたきっかけは、同様の事業を取組む知人の話だそうです。「マチルテ」のホームページではスタジオ利用者の写真(作品)、コスプレの若者のユニークな写真がアップされています。サービスを提供することを中心としたビジネスのお話、29日には、詳しくお話をうかがう予定です。

 

京都 和風のレンタルフォトスタジオ|古民家(町家)を使った和のレンタルフォトスタジオ「スタジオマチルテ」


参議院選挙野党共闘で前進

日本共産党上京業者後援会が次のコメントを発表しましたので紹介します。

参議院選挙でのご協力ありがとうございました。日本共産党は改選3議席を6議席(東京選挙区と比例5人)へ倍増、参議院は非改選とあわせ14議席となりました。野党共闘では、野党統一候補が11選挙区で勝利し、野党プラス市民運動の力を発揮しました。

大河原さんは3年前の倉林さんとほぼ同じ得票を得て健闘しましたが当選できず残念な結果です。選挙後自民党は早速、改憲を言い出しています。「安倍暴走政治にストップを」掲げて他階層の市民運動とも協力共同する今後の運動が大切です。消費税増税延期でなく中止の要求を中心に、切実な中小業者の願い実現の運動を強めましょう


民商の応援がなければ、あきらめていた! 納税の猶予申請

あきらめるように誘導する税務署の対応

税務署は「うそ」を言ってはいけません。納税の猶予を申請しようとしたAさんに、税務署員は「納税の猶予申請はたいへんですよ」「猶予を申請しても9月末までに滞納消費税を完納してもらうのは変わりませんよ」こういったそうです。

納税の猶予申請は、国民の権利

税務署においてあるチラシにも「国税が一時に納付できない方のために猶予制度があります」とあり、「税務署に申請することにより、1年以内の期間に限り、納税の猶予が認められる場合があります」とかかれています。Aさんはこの9月20日で納期限後1年となりますが、猶予の仕組みでは猶予期間内に完納することが出来ないやむをえない理由があると認められる場合は、申請することで猶予期間の延長が認められる場合があり、最長2年は可能となっているのです。

納税者に有利に取り扱うのが公務

そもそも納税の猶予の要綱、国の通達では「納税者に有利に取り扱うように留意すること」とまで書かれています。税金を一時に払えない納税者に対して「申請しても無駄」のような言い方は、法律を守るべき公務員としていかがなものでしょうか。民商の仲間の応援が無ければ「あきらめかけた」納税の猶予です。

 

消費税増税アカン!法人税減税をやめよ

7月4日、「消費税増税延期ではなく中止を」と、消費税廃止上京連絡会は毎月の恒例宣伝93回目を中立売通のスーパー前で行いました。上京民商からは村上事務局長と河野事務局員など連絡会に参加する各団体から8人が参加しました。

駆け寄って署名、話が弾む

「消費税10%増税の2年半延期」「2019年の10月に10%に増税する」と政府は発表しましたが、「消費税増税はいくら先でもゴメン」「増税するな」の市民の気持ちは強いものがあります。この日も、買い物や通行人が署名用紙を持つメンバーによってきて、署名をしていく姿が多かったです。

法人税の減税止めれば財源あり

今、安倍政権は消費増税を先送りしたので「社会保障充実」を予定どおり出来ない、と言い出しています。国保や介護保険の引き下げ、年金受給資格を25年から10年への短縮や低年金引き上げなどは出来ないという態度をとっている安倍首相と自公政権。

その一方で、法人税をこの3年間に3兆円減税し、今年度もう1兆円減税することは決めています。増税延期でも法人税減税を止めるとは言いません。この法人税減税を止めて、元に戻せば、当面社会保障充実で決めていた8千億円の財源は生まれます。社会保障の財源といえば消費税しかないかのような思考停止から抜け出すことが必要です。


共済会へお礼のハガキ

民商に入って約半世紀、共済会も発足以来加入していたが、自分はこの年まで健康だと思ってきたが、体はおとろえていく自分に共済金のありがたさがわかってよかったです。
桃園西陣支部Sさん

 

共済会は会員どうしがお金を出し合い、民商の助け合いの理念を形にしたすばらしい「助け合い制度」です。ひとりでも多くの方に助け合いに加わっていただければ幸せが広がります。

加入は簡単です。役員・事務局に連絡、加入申込書に名前と住所を記入し一月分の会費を添えて申し込み、翌月から効力発行です。

国保減免申請は

日時:7月21日(木)午前10時
場所:上京区役所4階第2会議室にて