北民商ニュース2016年9月5日号 No.362

民商の相談活動の輪を広げよう

毎日のように、民商に相談が寄せられています。

独立開業の自動車整備業者は、税金申告と国保料減免で入会していただきました。法律相談の小売業者も税金申告の決算が大変と入会されました。

国保・介護保険料、市民税が高くて困っている方は、区役所で申告を見直して税、保険料とも減免できました。

治療費に困っていた方は、「老人医療制度」を申請し、負担を軽減できました。相続税で悩んでいた方は、会員の行政書士さんと相談し、「相続は、2回目も考慮して対策しよう」と話を進めています。

税金滞納の督促で悩んでいた方も、納税緩和制度を活用して減免を勝ち取りました。

どれも、営業、生活を守るために大事な相談活動です。地域の中小業者の拠りどころとして、民商の相談活動を広げましょう。お知り合いに、民商の一声をかけて下さい。

配偶者控除引き下げでなく、拡充を

政府・与党は、平成29年度税制「改正」で「配偶者控除」の見直しと、夫婦控除の創設を検討すると表明しました。「パート収入を年103万円以下に抑えて就業調整する主婦も多く、働く意欲を妨げている。女性の社会進出のため」に、38万円の配偶者控除を見直すと言っていますが1400万人への庶民増税押しつけです。

「女性の社会進出」と言うのなら、男女とも子育てできる労働時間、正規雇用が当たり前の働き方と賃金、認可保育所増設、介護施設拡充など政府がやるべきことは山積しています。

税金の控除は、憲法25条の生存権をもとにした生活費非課税の具体化です。今やるべきことは、控除縮小・廃止ではなく、欧米とくらべても異常に低い課税最低限引き上げです(日本38万・イギリス96万・ドイツ106万・フランス78万)。

全商連は、人的控除、給与所得控除などの縮小・廃止はやめ、配偶者控除・扶養控除をそれぞれ76万円に、基礎控除38万を170万円に引き上げることを求めています。


戦争法廃止街頭演説&デモ行進

戦争法廃止の声をあげましょう!

◇日時…9月19日(月・祝)夕方4時30分~街頭演説、5時~デモ行進
◇ところ…市役所前
◇呼びかけ…京都憲法共同センター

安保法制を廃止し、立憲主義の回復を求める京都大集会

安保法制が成立して1年、憲法違反の状態は解消されていません。立憲主義に基づく当たり前の政治にするために、まずは安保法制を廃止させましょう。

◇日時…9月22日(木・祝)午後1時開場、2時開会
◇会場…円山公園音楽堂
◇講演…「安保法制適用・運用後の日本(仮)」伊勢崎賢治 東京外国語大学教授
◇主催…京都弁護士会

共済会バーベキュー交流会

共済会主催のバーベキュー交流会。今回は、鷹峯仏谷の瑠璃工房さんの川床をお借りして開催します。ぜひ、ご参加ください。

◇日時…9月18日(日)午前11時~
◇会場…鷹峯仏谷「瑠璃工房」川床
◇参加費…2千円  ※雨天決行
※申込みは、各班長、支部長、事務局まで。
※集合場所等は、各自ご連絡致します。

前進座の役者さんとふれあう夕べ

前進座初春観劇会のプレ企画として、役者さんとふれあう夕べが開催されます。舞台の裏話や舞など盛り沢山!

◇日時:10月1日(土)夕方6:30~
◇会場:中小企業会館2階ホール
◇参加費:1,500円 ※軽食あり
※申込みは民商までご連絡下さい。


行事案内

  • 6日(火)昼12:30~各界連事務局会議、夜7:30~常任理事会
  • 13日(火)夜7:30~共済部会
  • 16日(金)夜7:30~総会方針学習会
  • 18日(日)昼11:00~共済BBQ交流会

☆商工新聞…今週の読み得☆

  • 2面…「主張」風営法で過剰取り締まり、法改正を
  • 3面…「持続可能な地域振興へ」夏期研究集会
  • 4面…「平和な未来、私たちの手で」56条問題を報告
  • 5面…「支部で拡大ウォッチング」楽しく業者訪問
  • 7面…「沖縄東村高江ヘリパッド建設中止を」
       「視点」障害者福祉の後退に危惧
  • 8面…「中小業者として生きる」人情あふれる地域食堂