中小業者と商店街の社会的役割を語り続ける

ロビン洋装店 畑 宏治さん(73)
ロビン洋装店 畑 宏治さん(73)

ロビン洋装店 畑 宏治さん(73) 中京民商

中京民商の役員として、また地域密着の商店街として知られる西新道錦会商店街振興組合理事長として「中小業者と商店街の社会的役割」を常に語り続けている畑宏治さん。

今回は、地域に根付いた「ロビン洋装店」の歴史と、畑さんの商売人人生を重ねてお話をお聞きしました。

大阪で、東京で、そしてこの京都の地で、畑さんは何を考え、何を学んで現在の商売に結び付いたのか。店に対する畑さんの思い、家族の言葉も含めてお届けいたします。

 

この記事の続きを京商連News No.117で読む