上京民商ニュース 2016年9月12日号

生活脅かす延滞税は免除へ!

税金23万円が消滅へ -生存権を守る規定活用

長年固定資産税の滞納を少しづつ分納していた会員のAさん、やっと今年度分の税金まで追いついてきました。しかし延滞税が23万円あまりになっています。家族の病気や失業など、これまでも「延滞税は免除せよ」と民商の仲間と繰り返し市に要請してきましたが、本税滞納が克服される見通しの中、9月2日付にて延滞税消滅の入り口となる「滞納処分の停止」が通知されてきました。

生きることが優先だ

Aさんは、染色関係の事業を営んでいましたが、営業不振で商売を止めざる得ませんでした。その後、家族が食品販売の事業を細々と続けていましたが、家族の病気や失業なども相次ぎ、年金を主たる収入としてなんとか生活することが続いてきました。固定資産税は、収入が無くても不動産を所有するだけで課税される過酷な税金です。しかし払わねば住むところもないと少しずつ払い続けてきました。上京民商は「少なくとも延滞税は免除せよ」と求め続けてきましたが、今回その要求が実り滞納処分の執行停止が決定したものです。

将来の税金消滅が予定

Aさんは、住んでいる不動産がありますが、現に住まいする家を処分は出来ません。収入も年金だけであり、今回滞納処分の執行停止が決まり、将来の税金消滅が予定されています。

滞納処分とは

「財産の差押と換価(お金に換えること)」で滞納税金を取り立てるなどの行政の持つ権限です。税務署や府、市が税金の滞納、国保料などの滞納で売掛金や給与、預金や不動産などの差押を行なったという事例があちこちにあり、民商へ相談も寄せられています。

滞納処分執行停止とは

「滞 納者に財産がないとき」や「滞納処分を執行することにより滞納者の生活を著しく窮迫させる恐れのある場合」滞納処分を執行停止し、その停止が3年間継続し たときに、対象の納税義務を消滅させる事ができるという仕組みです。憲法の生存権規定「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有す る」(憲法25条)を保障する税法上の規定です。


右京税務署で人権無視の差押事件発生!

税金の滞納があり、少しずつ払ってきた会社、この秋に手持ち不動産を処分して、納税しようとしていた矢先、税務署は「担当者が変わり、これまでの分納・納付約束はリセットだ」「1000万円を超える滞納税額を一括納めないと売掛金を差し押さえる」と売掛金の全部を差押、店に在った現金30万円ほども差押、持ち帰る税務署、これは右京税務署で起こった事件。

税務署に抗議と交渉

上京民商の会員を通じて相談があった。右京民商の役員や事務局長、上京民商の事務局長も応援に駆けつけ、税務署と交渉した。

「売掛金を差し押さえると会社がつぶれる、あなたにつぶすという事実認識があるんですか?」こう詰め寄ると、税務署幹部は答えずだまった。税金を集めるためには商売をつぶしていいとは公の席ではいえないのだ。それが人権保障を高く掲げた憲法の精神でもある。法律に違反しているのは税務署だ。

納税者の権利・人権を守る闘い

「つぶそうとは思っていない」と答えた署員、それならば先週、納税者が相談に来たときに現場の署員が吐いた「手遅れです」という「回答?」は取り消すべきだ。売掛金の行き先は10人を超える従業員の給料なのだ。納税者の権利を守って、闘う民商、人権を守る闘いでもある。その後も別の会社のケースで、滞納税金の全額納付を用意し税務署に通知しているにも関わらず取引先の売掛金を差し押さえる右京税務署。零細業者をつぶしに廻っている。憲法と税法を守れと闘っていることが求められている。


上京民商第59回定期総会

日時:10月30日(日)午後2時~
場所:上京区役所会議室にて行ないます。

5時終了後に参加者懇親交流会を予定しています。会員の皆さん、ぜひご参加ください。

上京民商健康診断を受けましょう

基本検診セット、民商共済会加入者は無料です。

【検査セットプラン】

40歳以上ノ共済会加入者が無料
問診・診察・身体計測・血液・尿検査・化学・脂質・肝機能
血圧・心電図・胸部レントゲン・便潜血(大腸癌検査)
胃部検査(ペプシノーゲン法)
*胃や肺、肝臓や膵臓、大腸など主な臓器の検査を網羅しています。
血液検査も市の行う特定検査より検査項目が充実しています。
以下のとおり、有料で追加検査をしてもらうことができます。

【追加検査】

骨密度(超音波法)、眼底(片眼)各500円、ピロリ菌検査 1000円
腹部超音波検査 2000円、前立腺検査(PSA) 1500円、内臓脂肪検査 2000円
ピロリ菌検査はペプシノーゲン検査を受けていただく必要(費用1500円)あり。
●検査機関・・上京診療所(千本寺の内下ル)
●完全予約制・・お申し込みはまず、民商事務所へ電話(432ー2161)
●午前の部:月曜から土曜 朝8時45分から11時15分まで受付
夜の部:火・水・金曜日 夕方4時45分から6時45分まで受け付け
●前立腺検査70歳以上は無料、50歳以上の市民税非課税世帯は800円