食も人付き合いも地元が大事

カジュアルフレンチ Le Pont(ル・ポン) 山岸知之さん(55)明子さん(50)
カジュアルフレンチ Le Pont(ル・ポン) 山岸知之さん(55)明子さん(50)

カジュアルフレンチ Le Pont(ル・ポン)
山岸知之さん(55)明子さん(50)

 

5年前の3月15日、「税金申告の相談を」と飛び込んでこられたのが山岸明子さんと夫の知之さん。


カジュアルフレンチ Le Pont(ル・ポン)は鴨川のすぐ近くにあります。築120年の町家を改装して、坪庭が見える1階カウンターとテーブル席、見事な梁が残る2階テーブル席のとても落ち着いた、食と流れる時間を愉しむ空間です。

カナダで長年シェフとして食に関わってきた、素朴な感じ、笑顔が素敵と評判のオーナーシェフ知之さんとマダム明子さんとが出迎えてくれるのが、上京民商会員のル・ポンさん。明子さんは、班の商工新聞の世話役としても活躍しています。

 

この記事の続きを京商連News No.119で読む

京商連News No.119(2016年11月号、pdf版)