上京民商ニュース 2017年11月13日号

上京民商第60回定期総会
上京民商第60回定期総会

上京民商の第60回定期総会を開催

 

上京民商第60回総会が、10月29日、台風通過の荒れ模様の天気の中でしたが上京区役所会議室で開催され、22人の参加で開催しました。

総会では1年間の活動のまとめと今後の方針、間野会長、小野副会長会計、越智副会長、村上事務局長の4人の三役と6つの支部と婦人部、事務局から11人の理事を選出しました。

暮らしが大変、増税止めては全中小業者の声

 

来賓の皆さんから、「総選挙での結果、憲法を守ろうという勢力の前進に確信を持とう」「選挙制度の弊害で自公が大勝しているが、国民の支持が圧倒的とはいえない」「税金の近い方を変えろと要求していこう」とこもごも訴えられました。

 

民商に入ってよかった、良かったことは人にも勧めよう

 

間野会長は、「会長になって民商の大切さをつくづく感じている」「消費税増税は中小業者いじめ、なんとしても増税食い止めよう!」と訴えました。

 

中小業者・会員の持つ専門性を生かした地域貢献を!

 

今後の活動方向で、支部役員会、班会を粘り強く取組み、会員のお互いが持つ専門家としての知識や技能を生かした助け合いや地域貢献を進めようと提案されました。

討論で、400年続く老舗のお茶さん長井さんが「ペットボトルのお茶の味がお茶と思っている人が出てきている、店頭でお茶を入れて飲んでもらうと、おいしいと驚かれる」などの様子や、「お茶は、空気や水で味が違う」などの紹介や、コーヒー豆を売る駒田さんが、おいしいと思うコーヒー豆のブレンドに苦労して研究してきていることも紹介されました。

着物の分野も機械化の波や、生産販売量が減少する中での業者の減少が語られました。イタリヤやドイツの職人産業も話題になり、政治のあり方で、これからの地域の経済、ひいてはわれわれの暮らしも変わるのではと話合いました。

新役員
新役員

6人の来賓、4団体がメッセージ

 

上京民商総会には、京商連松家副会長、北上地区労岩井事務局長、さこ府会議員、前進座俳優の河原崎国太郎さんの4人が来賓としてご挨拶をいただきました。

メッセージは上京生活と健康を守る会、北民商、山科民商、伏見民商の4団体と日本共産党こくた衆議院議員、井上さとし、倉林明子両参議院議員からいただきました。

 

親しく交流、参加者懇親会

 

総会終了後、今出川通の中華料理店で代議員交流会を行い、おいしい料理にお酒もいただき、いっそう会員同士親しくなれた総会でした。

それぞれのテーブルで、にぎやかに、商売、健康など話に花が咲きました。


前にも相談来ました!

 

11月に入り、相談事が増えています。機械のメンテナンスを行う「会社」は、「10年ほど前にも相談に来ました」「会社は休業にしてので、個人申告をしたい」と相談にこられ、上京民商に入会していただきました。

居酒屋さんは「家賃の支払いや仕入れ、酒代などで利益が出ない、どうしよう」とのこと。ご本人の様子では、今の売り上げでは採算が取れていない、少しの売り上げアップでは解決できそうもないようなので判断をするためのアドバイスがほしかったそうです。

先代から借りている家の立ち退きをせまられている、どうしたらという相談もありました。

こうした相談を通じて、会員1人、商工新聞2人が増えました。


10・26全国業者婦人決起集会

「私たちの働き分を認めて!」議員要請、国税庁前宣伝に参加

 

10月26日、東京日比谷野外音楽堂で開催された全国業者婦人決起集会に京都から45人、上京民商から待賢支部間野さん、仁和支部水野さん、福田事務局員が参加しました。

10・26全国業者婦人決起集会
10・26全国業者婦人決起集会

 集会前に国会議員要請、国税庁包囲宣伝などに分かれ行動。

間野さんは、上京民商で集めた所得税法第56条廃止署名265人分、消費税増税中止署名102人分を持って京都選出の西田議員(自民)と福山議員(立憲民主)を訪問。お二人とも不在で秘書の方に「消費税が5%から8%になって本当に大変。もっと中小業者、そして業者婦人の実態を知って下さい」と訴え、紹介議員になってほしいと署名を預けました。

国税庁前宣伝では、「森友、加計疑惑の究明を!」「佐川国税庁長官は説明せよ!」などコール。

10・26全国業者婦人決起集会
日本共産党田村智子参院議員、田村貴昭衆議院議員に25万人分の署名託す

決起集会では、全国の仲間のたたかいを交流しました。福島の代表より「生業訴訟『勝訴』しました!」の声に割れんばかりの拍手があり、長崎の代表は、「核兵器禁止条約の採択に嬉しくて涙が出た。でもそれに背を向けた日本政府は許せない」と。岡山から倉敷民商弾圧事件で裁判闘争をしている禰屋町子さんが登壇。裁判勝利に向けた支援を訴えられました。最後は、東京駅まで元気にデモ行進をしました。

 

写真:日本共産党田村智子参院議員、田村貴昭衆議院議員に25万人分の署名託す

上京民商レディース健診 11月末迄

 

◎子宮細胞診・経膣エコー → 1,500円

◎乳がん視触診・乳腺エコー → 1,500円

◎子宮がん・乳がんセット検査 → 3,000円

 

女性専門の健康診断を行います。京都市の補助や民商共済会の健康診断補助(共済加入者に限る)を活用し、安価で受けることができます。

なお、市民税非課税世帯、70歳以上の方などさらに費用が割引になります。

詳しくは民商申込みの際お尋ね下さい。

 

健診医療機関:仁和診療所 (仁和寺街道御前西入ル南側)

健診日:乳がん・第3月曜 昼2時~3時半

子宮がん・毎週月曜(朝9時~昼2時~)第1水曜昼2時~