京商連News 132号 2017年12月7日号

京婦協創立50周年記念 元気市 & 青年サクセションsuccession(継承)企画

 

商売まるごと 聞けます! 学べます!

商売まるごと聞いて、学んで、世代を超えて交流!
succession(継承)企画 経営交流会に600人参加!

 

11月12日(日)に京都市岡崎の「みやこめっせ」で、京婦協創立50周年記念の「元気市」と、京青協の「サクセション(継承)企画」が合体した催しが行われ、26店舗が出店し、来場者は600人でした。

「食ベ物のコーナー」では手焼きせんべいやサバ寿司、水産加工品が、「職人のコーナー」では木製のオリジナルアクセサリーや小物が、「技のコーナー」ではマッサージが、「伝統産業のコーナー」では、西陣織や京友禅、仏具が出店され、初めて設けた「祇園コーナー」で、祇園のママやマスターからは”接客のプロならでは”の話が聞けました。

突撃訪問したことを話し合う青年部のみなさん
突撃訪問したことを話し合う青年部のみなさん

It's商time!!

~商売のうらがわを目撃しよう~

 

青年部では「It's商time!!~商売のうらがわを目撃しよう~」と、参加した業者青年&若手事務局が2組に分かれて、元気市の出店者を突撃訪問し、「職人」「伝統産業」「食べ物」「技」の4つの分野で話を聞きました。

ほったらかし農園 福知山民商
ほったらかし農園 福知山民商

食べ物のコーナー

 

顔の半分ほどもある椎茸

普通の椎茸とは菌の種類が違うとか。ここまでの大きさになるのに2週間かかるそうです。おすすめの食べ方はステーキだとのこと。

(ほったらかし農園 福知山民商)

 

おいしい出汁の引き方」も教わりました。

①4人家族なら5㎝ほどの煮干し20匹くらい

②頭とはらわたをとった煮干しを鍋の中で一晩水につけておく

③鍋を火にかけ、沸騰したらすぐに煮干しを取り出す

(長十水産 与謝民商)

 

昨日よりもちょっとおいしいコーヒーの淹れ方

①適量の粉をペーパーに入れる

②1回目はほんの10滴くらいを粉の真ん中に落として蒸らす

③2回目、3回目は丁寧に。4回目はざっとお湯を入れ、すぐにドリッパーを外す

※緑茶のように最後の1滴までしぼりません

(コーヒーショップシャトレ 上京民商)

技のコーナー

 

靴紐の結び方ひとつで足のアーチがしっかりと固定されます。結んでもらった参加者は「全然履き心地が違う!」と感激!

(シューフィッター ella 東山民商)

 

みやこメッセでのイベントが終了しました♪(ella日記から)

伝統産業のコーナー

 

ろうけつ染めのネクタイは色の薄い順に染めていきます。

(上田工芸 西京民商)

ベージュ色の皮財布を手に取って、「これは使えば使うほど手になじんで色もあめ色に変化する」

(レザークラフト栗林美工 右京民商)

デザイン賞に輝いた自信作(Tシャツ)

ステージ企画では「人形劇」「猿回し」「コーラス」と賑やかに。

京商連の久保田会長も「人生・商売・民商を語る」と題して人生や世の中のこと、民商運動の大切さをユーモラスに語る1時間の講演を行いました。

「祇園で30年以上、他店とは違う団体客向けのスナックとして地域に根付いて、商売を続けてきました」。


申告準備・マイナンバー対策 -年末切実な相談が寄せられています。

商売の相談は民商へ

東山民商では…

11月2週間連続で会員さんが入会。清水支部の会員さんから紹介があり一緒に事務所に来られました。

署名と商工新聞宣伝紙を持って対話訪問する北民商(11月25日)
署名と商工新聞宣伝紙を持って対話訪問する北民商(11月25日)

 

入会のきっかけは、紹介してくれた会員さんから「相談に乗ってもらえる民商が近くにいるだけで心強い。なんでも気軽に聞いてみたら良い。難しく考える必要はない」と会員さんが中心に活動していると紹介されたそうです。

入会にあたって、東山民商会員さんが長年かけて作り上げてきた日計表を渡して、勘定項目や記入方法を説明したり、民商の活動・支部の活動等を説明しました。

新会員からは、日計表の使いやすさと、こんな風にも記帳できるんだと視野が広がったと話されていました。そのほかにも今東山民商で定期的に行っているパソコン教室や記帳相談・領収書整理会、無料法律相談にも興味を示して頂き、機会が有れば是非参加してみたいと話されていました。

(東山民商ニュース11月20日号から転載)


調理場で特選国産牛のタリアータ(ステーキ)を盛り付ける(小倉 圭司さん(42))
小倉圭司さん(42)

地域で生きる

親子共々民商会員 何かあったら民商に相談できる!
次の夢は魚料理のお店!

イタリアン肉バール MOGU Piatti(モグピアッティ)
小倉 圭司さん(42) 山科民商

 

三条通りに面したお店。すぐ近くには京都文化博物館があります。オーナーの小倉圭司さんはイタリア北部の郷土料理に魅入られ、現地のレストランで修業したのちに帰国。現在はチーズ料理が若い女性に人気です。

イタリアン肉バール MOGU Piatti(モグピアッティ)

イタリアン肉バール MOGU Piatti(モグピアッティ)

京都市中京区三条東洞院東入ル菱屋町33 珠光ビル三条B1

〒604-8131

電話 075-256-3270

≪営業時間≫平日11時半~14時/17時~23時

日・祝11時半~14時/16時~22時

≪定休日≫ 月曜日

URL:モグピアッティ MOGU Piatti


イタリア留学が転機に

 お店を始めたきっかけはイタリア留学でした。イタリアでははじめ通っていた語学学校のつてで中部のトスカーナ州のリストランテを紹介してもらい、それ以降は個人的に紹介してもらったり、自分でお店を見つけたりして、住み込みで修業しました。29歳から30歳の間にあわせて4軒のお店で修業したのち、帰国しました。

最後に修行したお店はイタリア北部のヴェネト州、アルプスの麓にあるお店で、そこの郷土料理に魅かれました。生ハム作りからラクレットと様々な郷土料理を学びました。 

カウンターの上にはボトルの並ぶおしゃれな店内
カウンターの上にはボトルの並ぶおしゃれな店内

家族の影響で料理に興味

 料理に興味を持ったきっかけは母や祖母が食通だったから。母方のおじさんが若い頃、中央市場で乾物屋をしていた影響もあり、幼い頃から料亭に出入りする姿を見て育ち、食べることに興味を持ちます。

学校を卒業後、6年間板前をしていた圭司さんは和食の幅を広げるために洋食を学ぶようになりました。フレンチよりもイタリアンの方が食材を大事にする点で和食に相通ずる部分があると言います。当時お世話になっていたシェフの「本場イタリアに(修行に)行って来い」との一言に背中を押されて、そのお店で二年間お金を貯め、イタリアに渡ります。

 

親子共々、民商会員に

 民商に入ったのはお母さんの影響でした。機械設計で独立し、入会から40年以上これまで班長や支部の催しに参加してきた母・ちづ子さんは語ります。

「自分たちも個人から法人に変える時に民商に相談できたし、息子も何かあったら民商に相談できるようにと入会を勧めました」。 

ラクレット
ラクレット

人気メニューはラクレット

 MOGU Piattiは2015年4月に、居酒屋スタイルのイタリアン肉バールとしてオープンしました。客層は9割が女性客。20代前半のグループ客が多いと言います。

魚料理はなくお肉がメインのお店ですが、現在はベーコンやパン、野菜に専用の機械で焼き溶かしたチーズをとろりと削りかけるラクレットが若い女性を中心に人気です。イタリア産やチリ産のワインもリーズナブルでお酒とお肉料理を楽しめます。常連さんには夏は水ナスと、冬は千枚漬けと生ハムとベビーリーフのサラダなど季節感のあるメニューが人気です。さらに前菜の盛り合わせ、ラクレット、タリアータ等も頼まれます。デザートはジェラートが人気とのこと。しかしあくまでおすすめは肉料理。本当はラクレットよりも肉料理とワインを楽しんでほしいという本音もあります。もっと男性客が来てお酒を飲んでいってほしいと語ります。

 

次の夢は魚料理のお店

 京都文化博物館近くの場所柄、観光客が多いのかと思いきや地下のお店なのであまり多くは来られないそうです。

次のお店でやってみたい事はと尋ねると、肉の次は魚の店を出すこと。本領は板前と答えてくださいました。


みんなでわいわいお店探し中京民商
みんなでわいわいお店探し

第16回中京料飲すたんぷラリーが開催

中京民商

みんなでわいわいお店探し

 

11月1日(水)の夜、第16回中京料飲すたんぷラリーが開催されました。今回も京都府・京都市の後援を受けました。今回は、木屋町周辺、祇園、寺町・新京極周辺などの33店舗に協力いただき、176人のお客様が参加されました。

アンケート記入後に抽選があり、全員にスタンプラリー協力店で使える500円以上の金券(最高1万円)が当たりました。

アンケートでは…

☆今年から始まった1軒目に食事を出してもらえるシステムが好評

・みんなでわいわいおしゃべりしながらお店探し楽しかったです。普段いけないスナックにも行けて新鮮でした♪

・自分では見つけられないお店に出会えるのが楽しいです。

(中京民商ブログより転載。詳しくは中京民商ブログをお読みください)

倉敷民商弾圧事件・禰屋裁判控訴審を傍聴!

倉敷民商弾圧事件・禰屋裁判控訴審を傍聴!

 

次回公判1月12日で判決言い渡し、新しい署名とハガキの要請運動に一層の支援を!

 

10月27日、広島高等裁判所岡山支部において倉敷民商弾圧事件禰屋裁判の控訴審、第1回公判が開かれました。

京都からは「倉敷民商弾圧事件・3人の無罪を勝ち取る中京の会」から代表として中京民商の山元事務局員と経理センターの堀内事務局員が参加しました。

裁判長は、「国税査察官報告書」を鑑定書扱いした一審判決に疑問を投げかける「意見書」を証拠採用しました。裁判の流れが大きく変わる可能性も指摘されています。

1月12日の判決にむけて、裁判所に意見書を含め弁護団の主張を十分検討させ、禰屋さんの無罪判決を勝ちとるために、新しい署名用紙と要請ハガキを作成されており、一気に広げていこうと呼び掛けられています。

京商連前進座特別公演新春観劇会

初春先斗でぽんっと、舞う。

 

一、初姿先斗賑 狂言舞踊 棒しばり

二、唐茄子屋

2018年1月12日(金)午後3時30分開演 先斗町歌舞練場

お申込み・お問い合わせは各民商ヘ


行事あんない

  • 12月4日(月) 第2回理事会
  • 12月9・10日(土・日) 全商連第19回税研集会(西日本会場)
  • 12月13日(水) 市内・中部協議会税金大学習会/第3回文化厚生部会
  • 12月17日(日) 共済会交流バスツアー
  • 12月19日(火) 第7回事務局長会議