上京民商ニュース 2018年1月29日号

子どもも「消費税増税反対や」~ 増税反対署名を国会へ届けよう!~

 

1月22日、北野商店街で消費税増税中止を求める宣伝署名活動を行いました。

みぞれ交じりの雨の寒い日、買い物客もまばらな夕方でした。今回も113ヶ月目を迎えた消費税廃止上京連絡会の毎月宣伝活動です。総勢5人のメンバーで上京民商から村上、福田の両事務局が参加。

「知っている村上さんがしゃべってる」と署名していった若い民商会員さん、自転車でやってきて「さっと」署名したお母さん、この様子を見ていた小学生2人が「なにしてんの」と聞いてきました。「消費税増税反対の署名よ」と説明するも、黒服の男の子は「ふぅん」とわからない様子、もう一人の赤服の男の子が「100円のもんこうたら108円やろ、その8円が消費税や」と説明をしていました。赤服の子は「おれ、消費税反対や」と言って帰っていきました。

消費税増税は「子どもも反対」でした!

大人の責任でこんな悪税やめさせんとあきません!皆さんも署名を集めてください!


税金は民商が安心、親切

 

「空き家だった借家の借り手ができました、借家収入の経費はどうなりますか」と、年金生活という男性が相談にこられました。彼は、借家以外に、ほそぼそとした畑も持っているそうです。「去年買った耕運機は経費になりますか」という質問もありました。経費の判断は、一つ一つ判断が必要です。「民商に入って一緒にしませんか」とお勧めしました。

元会員さんが「税金は民商が安心、親切」と再入会されました。

会員のみなさんからのお勧めが絶大な力を発揮しています。

間野会長はカラオケ仲間に勧めて、商工新聞読者(以下読者)3人。小野副会長も「3人新読者ふえたで」と上京民商新年会にうれしいニュースを持ってきていただきました。

23日現在新会員1人、新読者8人、共済会員2人、婦人部員1人が増えました。これで、京都24民商で競っている「京都から新潟」までの「各駅停車の旅」の拡大すごろくは「彦根」まで18駅を通過し、新潟まであと117駅です。

「会社を作りたい」「税理士費用が払えない」と相談もあります。「ひとりで悩まず民商へ」と声を掛けていきましょう。

2月6日、上京区役所で1時~3時に行う上京民商税金なんでも相談会に知人友人をお誘い下さい!


上京民商新春のつどい
上京民商新春のつどい

笑顔あふれる民商新春のつどい

 

1月20日、上京民商新春のつどいを、鷹峯しょうざんで行ない、26名が参加しました。間野会長より、春の仲間ふやし運動がスタートしたことが話され、越智共済部長から無料大腸がん検診をみんなで受診しよう!と呼びかけられました。

来賓として、日本共産党の迫府会議員、蔵田市会議員が挨拶されました。

今回はビンゴ大会を企画。なかなかリーチもビンゴも出ず、最初はやきもきしましたが、中盤に続々と「ビンゴ!」の元気な声が。お米やお酒、お掃除セットなど、使えるグッズがそれぞれ当たり、「お米は助かるわ~」と喜ばれました。


共済会「無料大腸がん検診」実施します

1月から3月、上京民商では無料大腸がん検診を行います。役員、事務局に申込みいただければ、検査キットと問診票、郵送封筒をお届けします。

◇受診対象:民商会員と家族、共済加入の従業員

◇受診費用:無料(申込みをして返送しなかった場合は器具返却か器具代200円頂きます)

◇申込期間:1月9日(火)~3月20日(火)

◇返送期間:1月9日(火)~3月27日(火)必着

 

大腸がんは食生活の欧米化で急速に増えているそうです。

がんは早期発見、早期治療すれば、約9割が完治するといわれています。

大腸がんでは、検診でがんが発見された場合、5年生存率は92.6%。検診以外で発見された場合は63.8%となっています。(出典:ガン研究振興財団『がんの統計05』)

今回の検査は自宅のトイレで簡単にできる検便で、回数を重ねるほど発見率が高まります。この検査で「ポリープが見つかり、早めに治療ができて助かった」という会員さんもおられます。