北民商ニュース2018年3月12日号 No.428

税金のことは民商に相談!

民商春の運動も最終盤となりました。

この2ヶ月間で、宣伝ビラ25000枚配布、会員5人、商工新聞読者29人、共済会8人、婦人部2人の仲間をふやし、署名は『府民みんなのいのちを守る請願署名』を289人分、京都府へ請願しました。

3月に入っても会員さんが親戚の建設業者の方を税金相談会に連れてこられ、入会していただきました。

自主計算会では、「売上が4割減った。税金は心配ないが今後の生活が不安。」「消費税の8%負担がしんどい。預かってもいないのに払わなければならない」「基礎控除が38万円なんて低すぎる!」など、切実な実態や憤りが出されています。

確定申告の期限はせまっていますが、まだ税金で困っている業者の人は数多くいます。

お知り合いの業者に「税金は民商に相談」と一声かけましょう。

北区子ども食堂まんぷく

北区子ども食堂まんぷく

北区で子ども食堂を実現しようと、北民商も参加し、団体、個人が集まる、北区子ども食堂ネットで相談してきました。

2月23日、いよいよ第1回目「子ども食堂まんぷく」が開催されました。

何人来てくれるかな?と心配されていましたが、なんと、子ども43人、大人18人の大勢の方が来てくれました。

北民商からは、調理でカレーづくりに金閣の渡邊さんが参加されました。次回の「子ども食堂まんぷく」は3月24日(土)です。

大腸がん健診締切せまる! 

共済会で取り組んでいる無料大腸がん健診、現在34名が申込みされています。

自宅のトイレで簡単に取れ、郵送するだけの手軽にできる検査です。大腸がんはがん全体の中でも2番目に多いがんと言われています。この検査でポリープが見つかり、早期受診につながった会員さんが複数おられます。中小業者は体が資本。健康でこそ商売も続けられます。

ご家族そろって、この機会にぜひ受診してください。申込された方は忘れずに検体を送ってください。

※申込締切は3月20日、検体郵送締切は3月27日です。終了後は検体を送っても検査はされません。ご注意ください。


京都府知事選挙に弁護士の福山和人(ふくやま かずひと)さんが出馬を表明

4・8京都府知知事選挙

3月22日告示、4月8日投開票の京都府知事選挙に弁護士の福山和人(ふくやま かずひと)さんが、出馬を表明しました。

「ストップ貧困京都宣言」「中小企業振興基本条例の制定で中小企業を支援」「住宅リフォーム助成制度や、商店街に対する支援で経済の底上げ」「府民の府民による、府民のための自治をつくり、みんなが心を一つにして『つなぐ京都』をつくろう」など、政策を訴える福山和人さんを、北民商常任今までにない、多くの人たちをつなぐ選挙にしましょう!

京都府政どうする学習会(知事選)

4月の知事選挙で、どんな京都府にしたいか、今の府行政はどうなっているのか、知ることで府民のための京都府に転換できます。

みなさん、ご参加下さい。

◇とき…3月19日(月) 夜7時~

◇ところ…北民商事務所2階

◇講師…浜田よしゆき府会議員


行事案内

  • 13日(火)午前10時~ 北区上京区重税反対統一行動
  • 15日(木)夜7:30~ 北民商共済部会
  • 16日(金)昼12:30~ 北区各界連絡会会議
  • 17日(土)午後1:00~ 民商行動日
  • 18日(日)午後1:30~ 北区3.8国際婦人デー
  • 19日(月)夜7:00~ 知事選学習会

☆商工新聞…今週の読み得☆

  • 1・2・3面…「東日本大震災7年」復興・再建の正念場
  • 2面…「私たちの主張」3・13重税反対全国統一行動
  • 6面…「したたかに生きる」カーニバルはデモだ・ブラジル
  • 7面…「米軍機タンク落下事故・深刻な被害」青森・全面禁漁で休業強いられ
  • 8面…「随想」浜矩子さん 裁量労働制とは