北民商ニュース2018年3月26日号 No.430

4・8知事選・府民のための京都へ転換」

4月8日投票日の京都府知事選挙が22日、告示を迎えました。北民商が推薦した、府民を丸ごと全力応援する福山和人さんとともに、「夢・なりわい・未来・ひと 4つのつなぐ」で京都をかえましょう!

なりわいをつなぐ~企業と働く人をセットで応援し地域循環型経済をと、政策を打ち出しています。

中身は…一部の企業応援ではなく…

★中小企業、商店を丸ごと応援

□府民の台所、八百屋・魚屋さんなど家族経営を支援

□住宅リフォーム・商店リニューアル助成の実施

□西陣織・丹後織物、京友禅などの伝統産業の振興

□文化財の保存、技能・技術者育成予算の確保

ゼネコン発注の大型開発ではなく…

★くらしに密着した公共調達

□防災と生活維持道路、橋、河川等の整備を地元業者へ発注

□「公契約条例」の制定、官公需適格組合制度の活用

□役所が発注する物品、サービスは地元優先で調達

消費税増税、社会保障削減ではなく…

★ふところ温め持続可能な循環経済を

□社会保険料、国民保険料の負担軽減

□中小企業支援とセットで自給1500円以上実現

□消費税10%増税に反対し、介護・医療の抜本的充実

□「中小企業地域振興条例」の制定


架空請求詐欺にご用心

架空請求詐欺にご用心!

身に覚えのない、「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」というハガキが送られてきたと相談がありました。

差出人は「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」で、「契約不履行」「訴状が提出された」「給料、動産、不動産の差押え」と脅し文句をならべ、「裁判取り下げの相談」で連絡するよう書かれています。こうしたハガキは放置しても、訴訟が開始することはないので、いっさい無視して、絶対に連絡先に電話しないでください。電話すれば、相手に自分の電話番号など個人情報が、知られてしまいます。これは、公的機関をよそおった架空請求です。ご用心を。


確定申告期も多くの相談が寄せられました。

民商は一人ひとりの要求を大切にし、みんなで相談し、解決していく運動をしています。

◎アルバイト2か所の源泉徴収票で確定申告したい。

◎事業の継承、相続、名義変更について

◎市民税滞納で、納税の猶予を申請

◎売上が減り、労働者の休業に伴う雇用調整助成金を申請

◎休業で、法人府民税の執行停止請願

◎相続問題で

◎仕事受注打ち切りでの対処について

◎退職で社会保険の任意継続か国民健康保険か、どちらにしたらよいか

◎共有名義の物件を売却。譲渡所得の申告について

◎事務組合で雇用保険の加入、退職手続き

◎家族の病気で施設の入居の紹介について

◎抵当権設定をされた昔の借金の請求が来た

◎相続時精算課税について

◎外注の仕事。初めての確定申告で記帳と計算について

消費税をなくす京都の会 学習会

消費税をなくす京都の会で、消費税10%になったら経済はどうなるのか? 増税中止への展望について、学習会を企画されます。ぜひ、ご参加下さい。(3時からは総会があります)

◇日程…4月15日(日) 午後1時~3時

◇会場…京都アスニ―(丸太町七本松西入る北側)

◇講師…永野義典税理士


行事案内

  • 27日(火) 大腸がん健診返送締め切り
  • 31日(土)昼1:00~ 春と福を呼ぶ行動デー
  • 4/1日(日)午前10:00集合   〃
  • 4/2日(月)夕方5:30 北区各界連宣伝行動、夜7:30~ 北民商三役会
  • 4日(水)夜7:30~ 北民商常任理事会
  • 8日(日) 知事選投票日

☆商工新聞…今週の読み得☆

  • 1面…「納税者の怒り爆発」全国重税反対統一行動
  • 2面…「差押え全額返還判決の意義」強権的な徴収行政に警鐘
  • 3面…「振興条例民商が地域振興の担い手に」トップが変われば京都も!
  • 4面…「活用できる公的制度」入学シーズン到来
  • 7面…「メディアの深層」ジャーナリズムの本懐