京商連News 139号 2018年7月7日号

会員一人ひとりにとって「楽しい」民商運動で業者比率15%・会員10%の京商連実現、政治を変え
「小企業日本一のまち」京都をつくろう

京商連第57回定期総会

6月10日、京都府商工団体連合会(京商連)第57回定期総会が京都府中小企業会館大ホールで開催され、役員・代議員163人(出席率91.5%)、うち女性の出席39人(21.9%)、評議員4人の総勢167人の参加、全体会・4つの分科会では、方針案を深める積極的な討議が行われました。

全商連第52回総会時現勢読者・会員プラスワン支部表彰

読者の部 表彰支部では16民商46支部

会員の部 表彰支部では15民商39支部を表彰。

拡大自主目標達成民商は、上京民主商工会が読者5人拡大を達成しました。

表彰民商・支部は京商連ホームぺージにて掲載しています。

京商連新三役紹介

会長 久保田憲一(東山) 飲食業 再

副会長 西村英弥(右京) 印刷デザイナー 再

副会長 源 進一(丹後) 織物加工 再

副会長 国府久雄(西京) スリッター巻取り裁断加工 再

副会長 松家幸治(中京) 家電販売 再

副会長 山内敬夫(八幡) 旋盤加工 再

副会長会計 今西和政(山科) 土木工事 再

事務局長 池田 靖(宇治) 京商連専従 再

4つの分科会で討議

4つの分科会で討議

今回の総会では10年ぶりに、4つの分科会で討議が行われました。内容を紹介します。

①自治体要請・社会保障・共済運動

・「京都市とは交渉4年目。国保の限度額証明書は、元々滞納があるだけで発行されなかったが、粘り強い交渉で現在は支払いの約束だけで発行するようになった」(北)

・「共済の周知のため、2カ月に1度給付金をもらった人の声をニュースに掲載している」(左京)

・「八幡市は国保料が元々府下最高。運動で少しずつ下げてきた。41万円から37万円に引き下げることができた」(八幡)

②拡大と組織建設

・「これまで消費税増税等業者を苦しめる政治が行われてきたときに拡大することではね返してきた。毎月の支部役員会を開催して、日常的にニュースを発行して連携体制を作っていく」(城・久)

・「役員会の開催を中心に行動してきた。集まることで行動する雰囲気になることを痛感している。話すことによって一人にしないことにもつながる。婦人部総会を8年ぶりに開催でき、行動して逆に役員さんから元気が出たと言われた」(上京)

③税金・滞納問題

・「個人タクシーは免税事業者だから関係ないと思っていませんか?インボイス(適格請求書)が発行できなければ会社のお客さんが離れていきます(仕入税額控除ができません)と、独自の消費税増税中止を求める署名に取り組んでいる。他の個人タクシーも賛同してもらっている」(個タク)

・「税務調査では事前通知の11項目が大切。税金民商として学習していこう」(福知山)

・「税金の支払いを猶予、分割できる換価の猶予制度を申請して、消費税の分納・延滞金が免除になった」(城・久)

④経営と業者青年要求獲得

・「洛中マルシェは、住民に手仕事の実際を知ってもらうために開催している」(上京)

・「京青協に意見を出していただき参加することで横のつながりを強めていきたい」(青年部)

・「補助金学習会を開いて2人が申請した。結果は今はまだわからない。1回目では難しいので何度もチャレンジしていくことが大切。学習会を通して拡大を広げていきたい」(山科)

・「建築関連業者の会員に声をかけて建設部会を5回開催している。そこで知り合った業者が仕事を注文したとも聞いている」(西京)


地震の被害にあった八幡民商事務所内部の状況

地震被害でお困りの方 民商へご相談下さい!

18日朝、大阪北部を震源とする地震が発生しました。八幡民商・山内敬夫会長から京商連に「すごい揺れで1トンある機械が10センチ動いた」と連絡がありました。

八幡民商では、壁が落ち水道管が破裂するなどの被害が発生しましたが、役員・会員や青年部員が集まり、応急補修をしています。

山内会長は「民商会員は建築関連業者も多いしすぐにみんなが力を出し合える」と話しています。

いざという時助け合えるよう、近所同士班や支部の会員さん同士の繋がりをつくっておく事も重要です。万一の時は、遠慮なく民商にご一報下さい。

府議会に増税中止を求める請願

消費税10%増税中止、複数税率・インボイス制度導入を阻止するための府議会に増税中止を求める請願

請願賛同が続々寄せられています!

京都各界連は中小業者団体・商店街など567団体に府会請願書を郵送。連日賛同署名が返送されてきています。初めて賛同を寄せる団体も増えています。寄せられた請願は6月議会に提出しています。

全商連政策のアニメ動画「教えて湖東先生! 消費税の軽減税率・インボイス制度ってな~に?」を視聴しよう!DVDが民商に有ります。

(YouTubeでも見れます)


割烹やま繁 城 晴雄(じょう はるお)さん(69)/豊美(とよみ)さん(61)

地域で生きる

地域に愛され、魚を愛する小さな割烹料理屋さん

割烹やま繁 城 晴雄(じょう はるお)さん(69)/豊美(とよみ)さん(61) 南民商

「割烹 やま繁」を夫婦で切り盛りする城晴雄さん・豊美さんご夫妻は、両親の代からの民商会員です。「夏は孫連れてプールにも行くし、ここ2年程は行けてないけど、冬はスキーもしまっせ」と意気軒昂な晴雄さん。がんを乗り越え、現在パーキンソン病の治療をしながら豊美さんと二人三脚で商売を続けています。

割烹やま繁

割烹やま繁

〈店舗概要〉(東寺西門通と千本通の角)

京都市南区八条源町1-20

電話 075-672-4146

〈営業時間〉昼の定食11時~2時 お惣菜の販売10時~4時夜は予約のみ

〈定休日〉土・日・祝日


「幻のおしながき」あの頃は…

「最初は私の両親が隣でスーパーをやってました。両親が民商の会員で、母は婦人部で随分頑張っていました。東京へ行ったり、『着物ショーがある』ゆうて、着物着て行ったり…」と豊美さん。

十数年前からお惣菜の販売と、隣の店を改築して夜だけ割烹料理のお店を始めました。その頃は、朝早くからスーパーを経営し、夕方から深夜まで割烹料理の店を切り盛りするという激務でした。「若い子を一人使って、朝6時から夜の12時まで働いた。その頃はバブルの終わりごろで、5㎏もあるタラバガニの足1本が3000円。それがよう売れたんや」と晴雄さん。その頃のおしながきが1枚、今でも店に貼り出してあります。

「北海道産 自家干 きんき 3800円」

 

「このきんきは焼くのに1時間かかる。じっくり焼いたら背びれから骨からみな食べられるんや。好きな人は、『これからぼちぼち行くし、焼き始めといて』と電話かけてきたもんや」と晴雄さん。今でも注文できますか?と聞くと、「まあ、あったらな」とのこと。「長い間店をやっていた名残のような、『幻のおしながき』やね」と豊美さん。

金曜日のおまかせ定食(ちらし寿司)690円

 

二度のがんを乗り越えて

朝から晩まで忙しく働いていた晴雄さんを肺がんが襲ったのは、48歳の時でした。片肺を全摘し、もう片肺も3分の1をとりました。それでも商売を守り続けた7年後、今度は胃がんが見つかりました。「この時はもうアカン、スーパーを閉めよと思った。店の商品は大売出しをして、機械類は回収業者に出して、店をきれいにした。割烹の方も若い子に『お前やれ』と言うたんやけど、それでは甘えすぎやし独立しますって西大路に店を出して、今でも頑張っとる」。

覚悟を決めての入院でしたが、無事生還。その代わり、大好きだったタバコはやめて、体重は26㎏減りました。

「わたしら市民相手の商売や」

今はお昼の営業とお惣菜の販売がメインで、夜は予約のみ。満身創痍の体と付き合いながらも毎日厨房に立つ晴雄さん。「問屋さんも小売屋さんも年々少なくなる。ここらも民泊が仰山できて、毎日外国人が歩いている。観光客相手のとこはええけど、市民相手の商売が成り立たん。京都市も観光ばっかりに金をかけんと、市民のふところ温めることを考えな」と、近頃の町の激変ぶりに憤りを隠しません。

「割烹はほぼ独学」という晴雄さんですが、お寿司の修行には行きました。スーパー時代から魚の扱いは慣れていました。お寿司の味付け、握り方、巻き方を習い、現在、毎週金曜日の「おすしの日」は多くの常連さんに待たれています。「昔のようにバリバリは働けん」という晴雄さんですが、魚を知り尽くした、地域に愛される割烹店です。


新入部員歓迎!ボウリング大会(青年部)

新入部員歓迎!ボウリング大会

青年部

6月3日、京青協(京商連青年部協議会)主催のボウリング大会には、6民商青年部から大人19人子ども17人が参加し、大いに盛り上がりました。

毎年行なっている家族ぐるみで参加できる青年部のイベントで、あいにく新入部員の参加はなかったものの、家族で初参加の青年部員も。子ども同士も仲良くなって、楽しく交流しました。

(南民商ニュース6月11日号から転載) 

みんなで記念撮影。南民商の青年部員も家族で参加。ボウリングのあとは、右京民商の会員さんのお店(イタリアン)にお昼を食べに行きました

第15回全国業者青年交流会

9月23日(日)・24日(月・祝) 福岡北九州市で開催

参加者募集中!

集まって話し合う 建設部会(西京民商)

集まって話し合う 建設部会

西京民商

5月18日、西京民商にて6名が参加し、5回目の建設部会を開きました。「現場で見ないとその力量はわからない部分もあるが、ちょっと頼みたいときに頼める人が必要」「やはり人脈が大切」「この部会をうまく活用する」といった意見が出ました。またこの部会を西京民商の中でどうアピールしていくかについての案が出ましたので、これから具体化していきます。次回は8月、今後偶数月の第3金曜日に固定となりました。

(西京民商ニュース5月28日号から転載)

軽減税率・インボイスの学習会を開催(八幡民商)

軽減税率・インボイスの学習会を開催

八幡民商

5月29日、協同組合京都府商工業者連盟佐藤 学専務理事を講師に迎えて来年10月から消費税10%になる予定の「複数税率・インボイス」が実施されれば、とんでもないことになることを学習しました。

(八幡民商ニュース6月4日から転載)

国民平和大行進2018

なくそう! 核兵器核兵器のない世界、非核の日本を!

平和行進開始から60年、原水爆禁止のためにともに歩こう -国民平和大行進2018

6月21日、滋賀県から引継ぎ行進をする久保田京商連会長(真ん中)と州見平和運動部長(右端)


第13回夏期研究集会に参加しよう!

日時:8月18日(土)12時30分~19日(日)12時30分(予定)

会場:高崎商工会議所 群馬県高崎市

「循環型地域経済と中小商工業の役割」

詳細は、各民商事務所にお問い合わせ下さい。


行事あんない

  • 7月8日(日) 京商連共済会第41回定期総会
  • 7月17日(火) 第2回事務局長会議
  • 7月23日(月) 第1回理事会
  • 7月24・25日(火)・(水) 全商連第29回事務局員交流会