上京民商ニュース 2018年7月16日号

京商連共済会第41回定期総会で発言する松田さん

京商連共済会第41回定期総会

一人はみんなのために、みんなは一人のために

7月8日、京商連共済会第41回定期総会と京商連共済会40周年記念レセプションが開催され、上京民商から仁和支部・越智さん、松田さん、水野さん、室町支部・伊吹さん、小野さん、待賢支部・間野会長、村上事務局長、福田事務局員が参加。

総会では、松田さんが、「昨年9月より毎月部会を再開。共済役員が部会に寄って話すことで、『ひとりひとりに、もっと共済の魅力を伝えたい』『会員訪問を通じて拡大につなげていきたい』など、前向きな意見が飛びかっています。

6月の拡大行動の結果、3名が加入。今後も打って出る元気で楽しい行動・活動に取り組んでいきたい」と、代表発言をされました。

京商連共済会の三役(副理事長)に仁和支部・越智さん、理事に室町支部・伊吹さんが再任されました。

京商連共済会創立40周年記念レセプションで

京商連共済会創立40周年記念レセプション

総会後、京商連共済会創立40周年のレセプションがおこなわれました。来賓として全商連共済会鎌田保理事長が神奈川から出席され、「全商連共済会設立前から京商連共済会があった。京都から様々なことを学ばされた」と挨拶がありました。

沖縄民謡や前進座の踊り、バンド演奏もあり、また歴代の共済会三役さんから思い出が語られるなど、楽しく元気のでるレセプションでした。


命を守ることに予算を使え!

大阪北部地震や先日の大雨災害など、多くの被害者を出しています。国や行政の仕事いかんで、国民の命が守られるかどうかがかかっていると感じています。

大阪の小学校のブロック塀倒壊での児童死亡は痛ましい事件でした。この事件を機に京都市も小中学校の緊急調査を行いました。日本共産党くらた市会議員の市への聞き取りで、上京区では正親小学校と上京中学校のブロック塀の緊急対処が必要と分かり、正親小学校では写真のようなパイプでのブロック塀の補強を行っています。

市は今後全体の調査を進め対処方針を出すというのですが・・文部科学省も「防犯の観点からも学校のブロック塀はよくない」と指摘しているようです。日本共産党市議団はブロック塀の撤去と安全基準を満たした金網塀などへの移行を提案しています。

財政措置が必要ですが、高速道路やリニヤ新幹線などに回す予算は、削減して生活インフラへの資金を回して国民の命を守ることを優先してほしいなと感じた「6,7月の災害」でした!

豪雨被害では京都府北部や中国地方など民商の仲間にも大きな被害が出ています。災害募金など集め、支援活動にも取り組みたいと思います!


みんなが動く元気な民商へ!

7月3日、上京民商三役会を開催し、7・8月の活動計画や今後の民商づくりについて話し合いました。6月の活動を振り返って「共済を勧めに新会員さんなどを訪問したのはよかった」「あの行動の後3人も共済会員が増えた」「民商で相談会を取り組んで会外の業者に呼び掛けたのがよかった」「相談会の案内で6支部20人の会員さんがビラ配布活動を行った」「自分がまいた地域から相談があった」など、「がんばった6月」と評価しました。

《三役会で決まったこと》

2021年の全商連70周年までに会員55人、読者150人増やしていこうと話し合い、まず7月は、

①国保課との懇談会と国保の減免申請

②憲法学習会に取り組む

③20日《共済お勧め行動》2時~4時行う

④27日《三役会で会員や読者、共済拡大行動》2時~4時を行う

⑤支部総会を10月民商総会に向けて各支部開催に挑戦

⑥11月に班長・役員学習会を行う

ことを決めました。また商工新聞配達や会費集金を班で世話役を決め行うように取り組んでいくことも呼び掛けています。

仲間を増やし、助け合いの民商を強く大きくしましょう!

三役会はこの話し合いを通じて、間野会長、小野副会長がおすすめ行動をして読者を増やしました。

「一人で悩まず民商へ」と声を広げていきましょう!

憲法カフェのご案内

ゆったりコーヒーを飲みながら 憲法のこと、一緒に学びませんか

民商も取り組んでいる「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」は、全国から1350万人分集められています。

9条だけでなく、安倍政権が変えようとしている日本国憲法の中身、憲法によって守られている一人ひとりの幸せ、世界に誇る日本国憲法について、これを機に一緒に学び、お話しませんか。お気軽にご参加ください。

◇日時…7月22日(日)午後2時~4時

◇ところ…喫茶マリヤ(千本中立売下ル西側)

◇参加費…300円、飲み物は実費

◇講師…小笠原伸児弁護士

◇上京民商、上京民商婦人部共催

小笠原伸児弁護士

京都法律事務所所属、2005年京都弁護士会副会長、市民運動として、定住外国人の地方参政権をめざす市民の会事務局長、守ろう憲法と平和きょうとネット代表幹事、STOPイラク派兵・京都共同代表を歴任。

2008年憲法9条京都の会事務局長。


小豆島そうめん、今年も取り扱います

商品キロ数(束数) 価格

◎1キロ(20束)   1400円

◎1.8キロ(36束) 2400円

◎3キロ(60束)   3700円

◎4キロ(80束)   4800円

◎6キロ(120束)  6900円

納めきれない消費税、国保、社会保険料、納税緩和制度を活用しよう!

「担当者が変わると、『差し押さえる』『毎月の支払額増やせ』とうるさく言われて!」と、社会保険料滞納での相談がありました。

消費税は新規滞納税額の半分を占めるほど、滞納相談が多い税金です。

土地建物を持っているだけで、払わなければならない固定資産税や、国保料の支払いも始まりました。

それらの税金や保険料は「納税義務」はあるものの、生存権を保証する憲法の理念で、「納税者の生活状況により納税を柔軟に行う規定」を設けています。

権利は主張してこそ守られます。税金や保険料払えなくても、自分が悪いとあきらめずに、前向きに解決するのが大切です。民商にご相談ください。

【「納税緩和」制度とは…】

本人の申し立てや職権によって合法的に分割納付を認め、差し押さえの解除や延滞金を軽減する制度です。

状況によって、滞納している税金などの納付義務を消滅させる措置(滞納処分の執行停止)が適用されます。

国税だけでなく、地方税、社会保険料などにも適用されます。